トイレのつまりや水漏れが起こる原因や症状

トイレのつまりや水漏れが起こる原因や症状 トイレのつまりをはじめ、排水管 水漏れなどのトラブルは、生活をしていく中で起こりうることの一つです。タンクや便器の故障だけでなく、近年ではウォシュレットの不具合を伴う症状もあります。それぞれ放置してしまうと、水浸しや水道料金が嵩むなどの被害を受けることになりかねません。また、汚水が家屋全体に広がると、衛生面でも悪い環境となり、健康被害にも繋がりかねません。先ずは止水を行うことが大切です。そして、原因や症状を確認することで、適切な処置を行えます。


■トイレのつまりが起こる原因について

トイレのつまりが発生すると、改善されるまでは水が流れないため、使用することができなくなります。タンクレスタイプなど、様々な機器のトイレが開発されていますが、容量以上にものを流してしまえば、つまりの原因になりかねません。特にペーパーを流す場合、一度に流れる水圧以上の量を流すことはやめてください。
一度で大量に流してしまえば、途中までしか流れることができません。それに伴い、トイレのつまりが起こる場合があります。数回に分けて、流すように気を付けておくと良いでしょう。なお、排出物とペーパーを別々に流すことでも、排水管 水漏れなどのトラブルを防ぐことができます。
節水を意識して、タンクにペットボトルを入れるなどの対策をしている家庭もあります。この方法は、つまりや故障に繋がりかねません。常に小で流す方もいらっしゃいますが、適切な水量が流れないため、大と小の水量をきちんと使い分けるようにしましょう。節水を考えるのであれば、近年、節水型タイプのトイレも開発されていますので、買い替えを行うことも一つの方法です。

■排水管を含めてトイレの水漏れはなぜ起こるのか
トイレの使用にあたり、つまりをはじめとしたトラブルは発生する可能性があります。可能な範囲の知識を把握することで、対策を立てやすくなります。
タンク内の水漏れは、目視のレベルでは気づかない場合があります。しかし、タンクから便器へ水を流す際、一定量溜まれば給水が止まる仕組みとなっています。水が流れ続けている場合は、内部でトラブルが起こっている可能性があります。
配管の接続部分の水漏れの場合は、接続部分の緩みやパッキンなど部品の傷みが生じていると考えられます。部品交換や締め直しで様子を見ることも問題ありませんが、被害が大きくなれば排水管 水漏れも生じかねません。不安があれば、専門業者に相談や点検をしてもらうとトラブル回避が図れます。

■トイレのトラブルは自分で直せるか否か

トイレのつまりは、軽度なものだとラバーカップを活用すれば直すことができます。ただし、複数回行っても直らない場合は、排水管 水漏れなどが起こっている可能性があります。細かな所まで点検をする必要があり、自分で修理をすることは困難です。
タンク内のトラブルでは、内部の引っかかりを改善させるだけでも、直すことができます。配管から水漏れが起こっている場合、パッキンの交換で直ることもあります。専用の工具や器具、相応の技術と知識があれば問題ありません。
一方、ウォシュレットや便器からの水漏れとなれば、機器や部品の交換となります。床が水浸しになっていれば、リフォーム施工が必要になるケースもあります。その場合は、自分で修理をすることはやめてください。専門業者によっては、工賃や処分費など込みで施工をしてくれるところもあります。上手に活用をすれば、費用を抑えられます。

■まとめ
トイレを使用する中で、排水管 水漏れやつまりなど大小問わずトラブルは起こり得ます。自分で対処できるものから、困難なものまでありますから、見極めは必要となります。また、機器交換やリフォームが必要となるケースもありますが、業者を上手に活用をすればコスパの高いサービスが受けられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース